アズレージョ☆ポルトガル
by 空の見えるベランダから
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
お知らせ
南ドイツ
イタリア旅行記
フランス
チェコ旅行記
日本の旅
大田界隈
山歩き
ある日の出来事
懐かしい時間・人々
韓国
2016年チェコ・ポーランド旅行記
大好きな仲間・もの
海外旅行
美味しい
仕事
鑑賞
北海道へ
イギリス旅行記
稽古事
ヘルシンキ・ノルウエー
東京散歩
沖縄旅行
2013年台湾
2013年フランス旅行記
2010年チェコ旅行記
2014年チェコへ
2014年スウエーデン旅行
2015年ドイツ・チェコ旅行
2015年台湾旅行
書あそび 風のように花のように
未分類
外部リンク
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
パパハポンの宇宙船地球号...
アトリエ日記
恋するスペイン
FANTA. - NEXT 
野草風薫
ハレクラニな毎日Ⅱ
ポーセリンアート茉莉花/...
フィレンツェ田舎生活便り2
sumomo
晴れときどきドキドキうきうき
Opaな日々
ヴェネツィア ときどき ...
ウィーン散策 Lusti...
♪チェコっとピンぼけ♪ ...
チェコ徒然日記
元気ばばの青春日記 気持...
やっぱり旅が好き♪
- AMERICAN D...
キリコのざくざく雑記
新チェコ生活日記2
フェルト手芸作家「PAN...
Think every ...
ツルカメ DAYS
ひとりぼっちランチ
ハルばあの気まぐれな毎日
新海王の散歩道
シュヴァーベン生活
私のはんなり日記
大好きな季節 Meine...
カマクラ ときどき イタリア
元気ばばの青春日記 気持...
父ちゃん坊やの普通の写真その2
最新のコメント
★anello63様 ..
by salam2002 at 20:47
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 20:44
濃いピンクが可愛い河津桜..
by anello63 at 23:54
そんな楽しみ方もあるので..
by noboru-xx at 07:46
★banban0501様..
by salam2002 at 23:17
おはようございます ..
by banban0501 at 06:51
★anello63様 ..
by salam2002 at 20:39
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:45
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 19:36
雨に濡れる木々を窓越しに..
by noboru-xx at 07:10
★noboru様 コメ..
by salam2002 at 19:06
ふだん見過しがちな寺院な..
by noboru-xx at 07:20
☆anello63様 ..
by salam2002 at 17:55
美味しそうですね! 私..
by anello63 at 22:41
☆banban0501様..
by salam2002 at 18:52
お仕事忙しいようで それ..
by banban0501 at 23:27
★anello63様 ..
by salam2002 at 20:55
とても綺麗! 普通は暗..
by anello63 at 13:58
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 17:54
見事ですね。 写真もい..
by noboru-xx at 13:34
メールはこちら
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
松や
from 温泉生活
ステキなサイトですね☆
from 暮しの日記!
はじめまして
from 民話のふるさとにあるログ工場..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アン・ハザウエイの家 イギリス旅行記2

暫く更新できませんでしたが、イギリス旅行記の続きです。
一夜明けた2日目の午前中は、シェイクスピアの町、ストラットフォード・アポン・エイボン市内観光です。
添乗員さんの説明によるとストラトフォードは「浅瀬を渡る」で、エイボン川の浅瀬を渡ったところにある街という意味との事でした。地球の歩き方には「エイボン川のほとりのストラトフォード」とありました。
ここはかの有名な劇作家「シェイクスピアの生まれた町」で有名になった町で、シェイクピアがなくなって400年経つ今も、シェイクスピアを中心に動いている町だそうです。
昨日のホテルがこの町の郊外だったので、最初に観光したのはシェイクスピアの妻になった「アン・ハザウエイの家」シェクスピアと結婚するまで住んだ家だそう。
二人が結婚したのは1582年、シェイクスピア18歳、アンが26歳のとき。随分と年上ですねえ。
アン・ハザウェイの家の近くの花咲く木
a0048445_20394819.jpg

ヨーロッパでは花が咲いている樹木をよく目にします。東京では花が咲く木に出会うことは少ないので、「いいなあ」と思う。いつも、木の名前を知りたいと思うが・・・、勉強不足。
アン・ハザウェイの家の入り口
a0048445_2040280.jpg

入り口に貼ってあったお知らせ
a0048445_20401764.jpg

菜園や果樹園もあるらしい。「イギリスに行きたい」というガイドブックには、果樹園でアルコールの入ったサイダー“Scrumpyというりんご酒やジュースが飲めるとあったので楽しみにしていたが、ツアーでは果樹園には行かなかった。ホイップクリームにシナモンバターがトッピングされた上品なスコーンも美味しかったとある。残念・・・。
a0048445_20403593.jpg

そして、アイスクリームも美味しいらしいのだが、気温が19℃と低く朝食を食べたばかりで、無理。
a0048445_20405278.jpg

大きな庭に出る手前もいい感じ
a0048445_2041464.jpg

置物もきのこの形の石
a0048445_20411513.jpg

茅葺屋根の美しい曲線の家屋。アンの家。テューダー朝建築。
余談ですが、帰国してから、ミス・マープルやポワロをBSテレビで見ているとこのテューダー朝建築が画面に登場するのに気づきました。
ハザウエイ家は大きな農家で裕福な家庭。家屋の内部は現地ガイドさんとともに見学します。
撮影は出来ません。12部屋あるとの事、数えてなかったわ。
印象に残ったのはキッチンで、大きな暖炉や石で作ったパン焼きかまが当時のまま残っています。
子孫の写真も飾ってありました。
家屋の外観は石組み、床も石。柱や枠組みに木材が使われていたと思う。相当寒かったと思う。
イギリスはその地域で沢山取れる石が主に建築材として使われたそう。一番安く家が建てられるのが理由と言っていました。木が使われていれば、それは裕福な家庭だったことを物語るそう。
キッチンに長い木のベンチが置いてあって、英国人のガイド゙さんが「座って、座って」とすすめます。「シェイクスピアは、この家によく通ってきていたから、そのベンチにも、アンとシェイクスピアは座っておしゃべりしていたはず」とガイドさんは嬉しそうに語ります。添乗員さんの通訳によりますが。
a0048445_20413220.jpg

お庭がきれい。どーんと根を張って、横に広がるより、縦にのびる繊細な植物を植えている気がします。
a0048445_20414314.jpg

日本でも最近見かける白いアジサイも
a0048445_20415797.jpg

a0048445_20421215.jpg

a0048445_20422636.jpg

お庭と茅葺屋根のコテージが調和していますね
a0048445_20424431.jpg

トイレもステキ!こちらのトイレは掃除がいきとどいている上にステキな植物画のタイル張り
a0048445_20432911.jpg

a0048445_20434397.jpg

a0048445_20435768.jpg

最後にアイスクリーム・・・と思ったが、おなかが冷えるといけないので、止めておきました。が、ちと心残り。
この後は街中にある「シェイクスピアの生家」へバスで向かいます。
中心街へ向かうバスの車窓から。エイボン川のほとりの町でした。
a0048445_20441946.jpg

茶色のレンガの建物が、シェイクスピアが通った中学校跡だったかな?
a0048445_20443398.jpg

のんびりしているのがいい感じ
a0048445_20445256.jpg

a0048445_2045429.jpg


シェクスピアの生家へ続きます。

2010年8月9日月曜日晴れ 9時から10時
[PR]
by salam2002 | 2010-09-12 20:46 | イギリス旅行記
<< 南東北旅行のお土産 秋限定「か... ドラムストラック >>