アズレージョ☆ポルトガル
by 空の見えるベランダから
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
お知らせ
南ドイツ
イタリア旅行記
フランス
チェコ旅行記
日本の旅
大田界隈
山歩き
ある日の出来事
懐かしい時間・人々
韓国
2016年チェコ・ポーランド旅行記
大好きな仲間・もの
海外旅行
美味しい
仕事
鑑賞
北海道へ
イギリス旅行記
稽古事
ヘルシンキ・ノルウエー
東京散歩
沖縄旅行
2013年台湾
2013年フランス旅行記
2010年チェコ旅行記
2014年チェコへ
2014年スウエーデン旅行
2015年ドイツ・チェコ旅行
2015年台湾旅行
書あそび 風のように花のように
未分類
外部リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
more...
フォロー中のブログ
パパハポンの宇宙船地球号...
アトリエ日記
恋するスペイン
FANTA. - NEXT 
野草風薫
ハレクラニな毎日Ⅱ
ポーセリンアート茉莉花/...
フィレンツェ田舎生活便り2
sumomo
晴れときどきドキドキうきうき
Opaな日々
ヴェネツィア ときどき ...
ウィーン散策 Lusti...
♪チェコっとピンぼけ♪ ...
チェコ徒然日記
元気ばばの青春日記 気持...
やっぱり旅が好き♪
- AMERICAN D...
キリコのざくざく雑記
新チェコ生活日記2
フェルト手芸作家*北向邦...
Think every ...
ツルカメ DAYS
ひとりぼっちランチ
ハルばあの気まぐれな毎日
新海王の散歩道
シュヴァーベン生活
私のはんなり日記
大好きな季節 Meine...
カマクラ ときどき イタリア
元気ばばの青春日記 気持...
父ちゃん坊やの普通の写真その2
最新のコメント
★kirmes327様 ..
by salam2002 at 20:29
とても良い記念になります..
by kirmes327 at 00:13
★anello63様 ..
by salam2002 at 23:06
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 23:01
★banban0501様..
by salam2002 at 23:00
フリマーに続いてのお顔拝..
by anello63 at 22:33
おお!!いい懸念になりま..
by noboru-xx at 07:24
ポスター いい笑顔ですね..
by banban0501 at 17:00
さすがにチェコで何を食べ..
by anello63 at 11:49
★banban0501様..
by salam2002 at 23:32
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 15:07
晴れの日の料理は やっぱ..
by banban0501 at 09:21
美味しそうな肉料理ですね..
by noboru-xx at 06:35
★anello63様 ..
by salam2002 at 00:09
★mituamikko1..
by salam2002 at 23:16
★banban0501様..
by salam2002 at 17:09
初めまして~(*^^)v..
by anello63 at 23:08
お久しぶりにコメントいた..
by mituamikko109 at 22:19
初めてお姿拝見ですよ ..
by banban0501 at 11:27
tsurukame-ko..
by salam2002 at 08:33
メールはこちら
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
松や
from 温泉生活
ステキなサイトですね☆
from 暮しの日記!
はじめまして
from 民話のふるさとにあるログ工場..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新宿 花園神社 二の酉  2005年11月21日 月曜日

夜8時まで仕事をしたら、家に帰って食事の支度をするのが面倒になってしまった。
同僚も同じように見えたので「食べていこうか」となり、夕食を一緒に食べることに。
その時、彼女の友達から電話があり、花園神社の近くにいるという。
合流することになり、花園神社にむかう。
以前は新宿から職場まで歩いていたので、毎日、花園神社を通って帰っていたけれど、都営大江戸線ができてから、経路を変えた。
花園神社のお酉様は5年ぶりくらいかな。
夜8時半頃、花園神社に着いたら、すごい人、人、人。
5年前に来たときは、もっと、遅い時間だったせいか、こんなに人で混雑していなかった。
寂しいくらいだった。
景気が回復しているというが、実感する。
たくさんの人が立派な熊手を買い上げて、歩いている。若者もいっぱい。普通の人がいっぱいで、5年前より楽しい。飲み屋さんのテントもたくさん出ていて、一杯引っ掛けて帰りたいけれど、空を待つ状態・・良いことだ。
ビール一杯600円、モツ鍋1000円、お酒500円、ご祝儀相場だけれど、たくさん飲むわけではないので、しょうがないか・・なんだか楽しいもの。

熊手屋さん・・その一
a0048445_2322519.jpg

熊手屋さん・・その二
a0048445_23221623.jpg

熊手屋さん・・その三
a0048445_23222688.jpg

祭壇前のたくさんの提燈
a0048445_2322405.jpg

舞台で獅子舞も
a0048445_23225586.jpg


このあと、私たちはもう一軒立ち寄りして、ご機嫌で帰りました。
[PR]
# by salam2002 | 2005-11-23 20:12 | ある日の出来事

お気に入りの散歩道・・その1

お天気のよい日、友達が我が家を訪ねてくれた時、呑川沿いを歩きます。
堤方橋の少し下流から、池上の恵比寿様、池上会館、展望台、紅葉坂、朗報会館、本門寺本堂、日蓮上人像、大階段・・・と。
呑川沿いは以前よりずっときれいになり、呑川もきれいになって、散歩が楽しくなりました。
お散歩をする人、走る人、皆いい顔をしていて、そんな方たちとすれ違うのも楽しいひととき。
ランチを朗報会館にある洋食「はなむら」で食べるのもおすすめ。
暖かい日はテラスで。
昨日は本門寺本堂前で菊の展示がありました。

ピンクに白の縁取りのあるカジュアルな菊
a0048445_2223125.jpg

細く繊細に美しい形
a0048445_22232211.jpg

[PR]
# by salam2002 | 2005-11-20 22:23 | 大田界隈

アリス公園??・・・いえいえ、有栖川公園

でも、アリス公園というネーミングも素敵!
きのう、品川駅山手線ホームで。
メモ帳を片手に二人のおばさまの会話「ああ、ホームを一周してしまったわね」と、どこかを探している様子。
どの電車に乗ればよいのかわからないのかしら?・と心中思う私。
おばさま二人連れは、電車を待つ若い女性にメモ帳を見せながら「知っていますか?」
若い女性「知りません」
私・・隣のブロックで新宿行きの電車を待ちながら・・「どこを探しているのかな?」
おせっかいが頭をもたげ、おばさま二人に近づき「何処を探しているのですか?」
「ここなんです」とメモ帳を見ると『目黒駅  広尾駅   アリス公園』とある。
私「アリス公園ではなく、有栖川公園ではありませんか?」
おばさま「お友達に良いところだって聞いたんです。う・・・ん、有栖川公園かもしれない」
私「もと、有栖川の宮様のお屋敷だった所ですよ」
おばさま「目黒から歩けると聞いたんだけど・・」
私「う~ん、目黒からは遠いですよ。有栖川公園でしたら、恵比寿駅で日比谷線に乗り換えて、広尾からなら歩けますよ。恵比寿駅からでも歩けるけれど、初めてだと難しいと思いますよ」
そこへ電車が入ってきた。電車に乗り込む、おばさま二人もついてくる。
私が座ると、おばさま、隣に立ち、「恵比寿駅で渋谷線に乗り換えて広尾ですね」を2・3度繰り返す。
私「いえ、渋谷線でなく地下鉄日比谷線ですう。一旦、改札を出て乗り換えです」
おばさまは鉛筆をなめなめ、私の言葉を書き取る・・割と上品。
おばさま「私も今日で高齢者になったのよ。いつもは75歳の人がいろいろ調べてくれて、ついて歩いているの。今日は私が友達を連れて行くの。とても良いところだと聞いたけれど・・」
実は私は小学生低学年の頃、有栖川公園で毎日のように遊んだ。
糸の先にサキイカを付けてザリガニをとったり、湧き水のところで水遊びをした懐かしい場所だ。
今はおしゃれな街に大変身している。昔も静かで良いところだった。今ほど、にぎやかではなかった。

私「良いところですよ、都立中央図書館も立っていますよ」
おばさま「お友達も良いところと言うのよ」
私「目黒にも自然教育園があり、隣に、もと、迎賓館だった都立庭園美術館がありますよ。そこも良いところですよ」
おばさま、また、鉛筆をなめなめメモをとり、「次はそこへ行ってみるわ」 
恵比寿駅が近づき「乗換えを間違えないよう、上を良く見て案内の通りに進んでくださいね」と私。

普段はめったにおせっかいにならないのに、なぜか、話しかけた私。
見ず知らずのおばさまが探している場所を、どうしても、知っているような不思議な気持ちがしたのです。
有栖川公園は私の幼い記憶に残っている大切な場所のひとつ。
アリス公園でも、何かが私に、見知らぬ人に声をかけるということをさせた気がしてならない。
不思議なきのうの出来事でした。 
*ところで、高齢者の定義は?
*有栖川公園 URLを探したけれど、公式ホームページは見つからなかった。
[PR]
# by salam2002 | 2005-11-17 00:29 | ある日の出来事

行ってみたかった御前山避難小屋

御前山に行ってきました。
masakoさまのホームページで御前山避難小屋の山行報告(というか忘年会)を見てから
一度は行ってみたいと思っていた御前山へ行ってきました。
避難小屋にとても興味がありました。

2005年11月6日(日曜日)立川駅7時集合です。
淡歩々山の会の新人山行です。
コースは奥多摩駅→境橋→栃寄沢→栃寄の大滝→御前山避難小屋→御前山山頂→鋸山→鋸尾根→奥多摩駅 の予定でしたが、2時過ぎから雨の確報だったので、リーダーの判断によりコース変更となり、登ってきた道を降りることになりました。
費用:ホリデーパス2300円、バス代230円×2、玉翠荘入浴750円 

栃寄沢を登る手前にトイレあり。
栃寄の大沢より前に滝あり、最初の休憩です。
a0048445_0572918.jpg


湧水の広場付近
a0048445_0575056.jpg


栃寄の大滝、美しかったです
a0048445_058884.jpg


避難小屋で昼食後、山頂へ。荷物は小屋に置いて空身です。
山頂は展望なく、霧が出ていました。雨が近そう・・
a0048445_0582290.jpg


リュックを背負って、下りを急ぎます。
丸太橋が滑るので、雨の日は慎重に・・・

一部紅葉が始っていました。カラマツが特にきれい!
a0048445_0584369.jpg

a0048445_0585980.jpg

入浴して駅前で軽く打ち上げ、すっかり日暮れた奥多摩駅を後にして
長い時間電車に揺られます。奥多摩は近そうで遠い東京です。帰宅まで3時間。
半年ぶりのハイキング、翌日は足がバリバリでした。
職場の階段の下りの辛かったこと・・トホホ
冬場は1ヶ月に2回は歩きたいと思った私でした。
[PR]
# by salam2002 | 2005-11-14 01:03 | 山歩き

池上本門寺:万灯練り行列

本門寺お会式:万灯練り行列
a0048445_22424445.jpg

10月12日、夜7時から万灯練り行列は始まります。
秋風が少し肌寒く感じるころになると、蒲田・池上界隈の人は、「もうすぐ、お会式ね」と挨拶を交わします。
世田谷区から大田区に越してきた17年前、初めて耳にした「お会式」という言葉に「えっ、お会式?」と不思議さと新鮮さを感じたことを、今でも覚えています。
保育園に迎えにくるお母さんたちの「お会式ねえ」は、浮き浮きした響きがありました。
万灯行列の日は、池上通りは交通禁止になります。
池上駅から本門寺に行くまでの道は、どの道も露店で埋め尽くされます。
少し、肌寒い風の中、露店のハロゲン電気の明かりは、不思議な世界を作り出します。
a0048445_22432626.jpg

うまく撮影できませんでしたけれど、本門寺参道に続く道は人と万灯行列の大混雑。
「万灯は右、人は左」という看板が登場します。
右手に万灯行列のパフォーマンスを見ながら、本門寺の階段を登ります。

万灯行列の山場は幾つかあるのですが、三門に辿りつく階段は2つ目の山場かな?
最後の山場は、階段を登りきり、三門前でのパフォーマンスです。
纏・笛・たいこ・万灯、ここで万灯を人の体にくくりつけて、万灯を持って練り歩きます。
今年は、ずいぶんと若い人が纏の技を見せてくれました。
三門の真上にあったお月様が、西の空に沈んでも、万灯行列パフォーマンスは続きます。
昔は夜通し行列が進んでいったそうです。
今年も終了は夜中の1時過ぎまで。
ずーと見ていると風が冷たくなってきて、ああ、秋が深まってゆくとしみじみと感じるのです。
パフォーマンスには観衆の拍手が続きます。
大好きです。
ぜひ、来年は見にいらしてください。
[PR]
# by salam2002 | 2005-10-23 22:47 | 大田界隈

鳴子温泉へ行ってきました

古川駅で陸羽東線に乗り換えて
a0048445_18125251.jpg
この旅の目的は仙台で「みちのくよさこい」を見ることですが、77歳の母と一緒なので仙台に行く前に、「そうだ、温泉に行こう!」と思いました。
そうだ:といえばJR。列車で行く秋の旅“街を歩けば下駄も鳴子”を予約。
宿を選べるのですが、知識がなく迷いました。
「鳴子ホテル」にしようか「ねまりこの宿ますや」にしようか。
結局、決め手はパンフレットの展望風呂の写真で「ねまりこの宿ますや」を選択。
東京から古川まで新幹線、古川駅で陸羽東線に乗り換えます。
2両編成の単線、昔から、なぜか憧れを持っていた「岩出山」という駅も通りました。
次に来る時は、岩出山で下車しようと思います。
のどかで良い路線でした。

相乗りタクシーで廻ります:鳴子峡見晴台
a0048445_1892959.jpg

鳴子温泉には「相乗りタクシー」がありました。要予約。
料金大人1300円で、鳴子温泉駅→尿前の関跡(しとまえ)→鳴子峡見晴台→日本こけし館→潟沼→各旅館 と1時間で廻ってくれます。
ぐるっと廻るには良いけれど、一つ一つ丁寧に見たい場合は不向き。さっさっと廻ります。
ワゴン車で乗り心地もいまひとつでした。鳴子峡には1時間で歩ける遊歩道もあります。
マイカーでない場合、鳴子は狭いので、行き先を決めて送迎をしてもらう方が、のんびりできて良いと思う。鳴子峡、潟沼はおすすめです。
見晴台の売店で買った1串に3玉・2本で100円の玉こんにゃくは美味!

おすすめの源泉:旅館すがわらの温泉
a0048445_21492487.jpg

今回、午後3時から午後7時の間になんと・・5軒の旅館のお風呂に入るという偉業を達成、生まれて初めてどす(*^。^*) 
このクーポンは、8軒の旅館のお風呂に自由に入れますよというのが売りなんです。
せっかくだからと、旅館やホテルの様子を見ながら(次に泊まるときの参考に・・なあんて、なかなか、次はないけれど)、人のお宅を覗くようで楽しいです。
服を脱いでは温泉に入り、また、服を着て、そぞろ歩いて、次の温泉へ、3軒終わったところで、77歳の母はギブアップ(^0_0^)。
母と宿泊ホテルの前で別れて、共同浴場・滝の湯へ。
私、ここはどうしても入りたかったのです。風情があって、150円。
お奨めですが、残念だったのが、石鹸・シャンプー禁止なのに、上がり湯のところで、髪など洗っているお姉さま方がいたこと!プンプン、注意したかったけれど、できなかった私。
さて、帰るかと思ったが、隣にゆさや旅館があり、ここも入れる。
そうだ、ついでだ、もう一軒寄ろうと「ゆさや」もGET。お風呂はかなり小さめでした。
そして、ルンルンで旅館に戻り、夕食前と翌日朝食前に「ねまりこの宿ますや」のお風呂にも入り、なあなあんと、1泊2日で6軒の温泉をGETしました。
夕食がおばさんとおばあさんの2人連れには多すぎる量、どうしても、食べきれませんでした、ああ、もったいない。
★鳴子温泉は温泉の種類が豊富で、しかも、泉質が良い。胃腸の弱い私は、胃腸に利きそうな温泉をセレクト。変な動きで調子の悪かった胃がすっきりしました、ほんとです。温泉好きにはおすすめです。★★★
[PR]
# by salam2002 | 2005-10-22 18:13 | 日本の旅