アズレージョ☆ポルトガル
by 空の見えるベランダから
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
お知らせ
南ドイツ
イタリア旅行記
フランス
チェコ旅行記
日本の旅
大田界隈
山歩き
ある日の出来事
懐かしい時間・人々
韓国
2016年チェコ・ポーランド旅行記
大好きな仲間・もの
海外旅行
美味しい
仕事
鑑賞
北海道へ
イギリス旅行記
稽古事
ヘルシンキ・ノルウエー
東京散歩
沖縄旅行
2013年台湾
2013年フランス旅行記
2010年チェコ旅行記
2014年チェコへ
2014年スウエーデン旅行
2015年ドイツ・チェコ旅行
2015年台湾旅行
書あそび 風のように花のように
未分類
外部リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
more...
フォロー中のブログ
パパハポンの宇宙船地球号...
アトリエ日記
恋するスペイン
FANTA. - NEXT 
野草風薫
ハレクラニな毎日Ⅱ
ポーセリンアート茉莉花/...
フィレンツェ田舎生活便り2
sumomo
晴れときどきドキドキうきうき
Opaな日々
ヴェネツィア ときどき ...
ウィーン散策 Lusti...
♪チェコっとピンぼけ♪ ...
チェコ徒然日記
元気ばばの青春日記 気持...
やっぱり旅が好き♪
- AMERICAN D...
キリコのざくざく雑記
新チェコ生活日記2
フェルト手芸作家*北向邦...
Think every ...
ツルカメ DAYS
ひとりぼっちランチ
ハルばあの気まぐれな毎日
新海王の散歩道
シュヴァーベン生活
私のはんなり日記
大好きな季節 Meine...
カマクラ ときどき イタリア
元気ばばの青春日記 気持...
父ちゃん坊やの普通の写真その2
最新のコメント
★kirmes327様 ..
by salam2002 at 20:29
とても良い記念になります..
by kirmes327 at 00:13
★anello63様 ..
by salam2002 at 23:06
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 23:01
★banban0501様..
by salam2002 at 23:00
フリマーに続いてのお顔拝..
by anello63 at 22:33
おお!!いい懸念になりま..
by noboru-xx at 07:24
ポスター いい笑顔ですね..
by banban0501 at 17:00
さすがにチェコで何を食べ..
by anello63 at 11:49
★banban0501様..
by salam2002 at 23:32
★noboru-xx様 ..
by salam2002 at 15:07
晴れの日の料理は やっぱ..
by banban0501 at 09:21
美味しそうな肉料理ですね..
by noboru-xx at 06:35
★anello63様 ..
by salam2002 at 00:09
★mituamikko1..
by salam2002 at 23:16
★banban0501様..
by salam2002 at 17:09
初めまして~(*^^)v..
by anello63 at 23:08
お久しぶりにコメントいた..
by mituamikko109 at 22:19
初めてお姿拝見ですよ ..
by banban0501 at 11:27
tsurukame-ko..
by salam2002 at 08:33
メールはこちら
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
松や
from 温泉生活
ステキなサイトですね☆
from 暮しの日記!
はじめまして
from 民話のふるさとにあるログ工場..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


GLO Hotel Art in Helsinki

「グロ・ホテル・アート」というホテルにとりあえず2泊です。
ヴェンター空港から30分、ヘルシンキ中央駅からは歩いて15分くらいの位置にあります。
a0048445_0103973.jpg

地図上で左下のオレンジで囲った場所です。
どのガイドブック(2012年号)でも、「ホテル・リンナ」と表記されています。
つい最近、GLO(グロと読むのね)ホテルグループが買い取って、内装をきれいにしたらしい。
今回の旅行のホテル・エアチケットは、グループの中で一番若い30代のSさんが予約してくれた。
ヘルシンキでは予算とあわせて、泊まりたいホテルの一つだったらしい。
a0048445_0111486.jpg

石造りの外観とまあるい塔があるのが特徴的です。
もともとは、大学の寄宿舎だったらしいの。
a0048445_0112864.jpg

ガイドブックには、中世のお城のようなホテル・・と書かれていました。
8月10日金曜日、4時過ぎにチェックイン。
この日このホテルは、翌日結婚式の予約があり、その関係者で満室だったらしい。
それで、私たちは102号室と306号室をあてられた。
予約したSさんに「どちらにしますか?」と聞かれ、306号室がいいなと思ったが、遠慮して「102号室でいいよ。おばさんだから1階がいいかも・・」と言ってしまったのが、失敗だった!
だいたい、お部屋は上の方が良い部屋だとわかっていたのだが・・・。
そのとおり、102号室はホテルの中庭から入ったすぐの角の部屋で、白と黒のインテリアの四角い狭い部屋だった。それに中庭を照らす、ライトが一晩中煌々と灯っていて、カーテンを開けるとまぶしくていけない。
お部屋はきれいで寅?のぬいぐるみがお出迎え。シックが好きな方にはナイスなお部屋ですが・・
a0048445_0121436.jpg

この年齢になると、白と黒の四角い部屋は苦手。(長方形でなく真四角!)
気が滅入る。
2泊この部屋に泊まり、ノルウエーへ渡り、その後またこのホテルに帰ってくる。
その際は部屋を変えてもらおうと心に決めて、何とか乗り切った。
306号室は、102号室とは違い、広さもあり3階で窓も大きく良い部屋だった!
だけど、「変えてほしい」とは言えないおばさん2人でした・・・・。

さあ、気を取り直してホテルの探検に出かけよう!
(って、本当に自分にそう言い聞かせた、おばさん2人です)
玄関を入って、暗いロビーがあり、その右手に階段が連なっています。
a0048445_0213160.jpg

a0048445_0221585.jpg

a0048445_0245748.jpg

ここが、外から見ると塔にオレンジのとんがり帽子のような屋根の部分です。
階段の手すりのデザインが2階部分から変わります。
木のつやが出たナチュラルな色から、青にペインティングしています。
古くなったのを修復したのかもしれませんね。
その青が可愛いから、やっぱり、ヘルシンキかな。
2階部分には大きな木の扉のレセプションルームがありました。
a0048445_0135837.jpg

隙間から覗き見ると、横に連なる大きなテーブルがあり、対面に椅子がたくさん並べられています。
晩餐会が開かれるような感じのお部屋です。
翌土曜日には、結婚披露宴が開かれたようで、可愛らしく着飾った子供たちに遭遇しました。外観から見るとシャンデリアが見えたお部屋ですね。

さらに3階へ昇っていくと、大きな革張りのソファアが置いてありました。
a0048445_0273575.jpg

右手奥から別棟に繋がっているようです。
左手にはトイレがありました。
昼間でも石造りの建物は暗いので、夜トイレを利用するのは、すっごく、勇気がいりそうです。
a0048445_0151183.jpg

ロウソクに明かりを灯し、燭台を持って歩きたい誘惑にかられました(笑)

大きな木の扉や壁に打ってある木には、ダイナミックな彫刻が施してあります。
a0048445_017055.jpg

フィンランドは「カレワラ叙事詩」という昔物語のようなものがあると読んだのですが、ホテルにある木の彫刻はその叙事詩と関係があるのかな・・と思いましたが、そこまで勉強してきませんでした。直感的にはアイヌの木彫りに通じるような印象があります。
a0048445_0172992.jpg

a0048445_0174878.jpg

階段の一番上にはフレスコ画が描かれていました。
(写真撮ったはずなのですが、見当たりませーん。)

さて、初日のホテル探検は、ここまでにして、ヘルシンキのデパート「ストックマン」のデリへ夕食を買いに行く事にしました。

その前にお茶、という事になり、お散歩に出かけました。
続きます・・・。

*また、後日、書く予定ですが、このホテルは、全部で48室とそんなに大きくはないのですが、様々なタイプのお部屋があって、私たちが宿泊したお部屋102号室はダブルルームで一番良くないお部屋だったみたいです。
*Sさんはホテルのインターネット予約でツインルームを予約してくれたのですが、満室でダブルルームになってしまったみたい。
*バスタブはないホテルのようです。というか、ヘルシンキはバスタブがないのが基本のようです。サウナには入るけど、バスタブに入る習慣があまりないのかなと思いました。
*8月10、11日(金・土曜日宿泊)2泊で1室360ユーロでした。1人2泊180ユーロですね。

次はヘルシンキで最初に入ったCafe・Ekbergの紹介です。

2012年8月10日 16時半から17時半くらい
ヘルシンキ・オーレスン旅行記④
[PR]
by salam2002 | 2012-09-05 00:28 | ヘルシンキ・ノルウエー
<< 夕暮れ時、カフェ・エクベリ(C... ヘルシンキ・ヴェンター国際空港... >>